集客のために有効なフライヤーはフライヤー印刷の仕上がりによって印象が大きく変わる

ライバル会社と差をつける

印刷物

代行出荷サービスと言うのがあります

一般的にフライヤー印刷を利用する場合、印刷会社から完成物を受け取り、そこからお客の所へ発送することになります。ただこの場合印刷会社からの送料と、自分のお客の所へ送る際の送料がかかり、印刷物が多いとこれらの送料で合計で数千円以上になってしまいます。代行出荷サービスを利用すれば、合計の送料が安くなることが少なくなく、年間単位で考えた場合10万円以上の節約になることもあります。フライヤー印刷サービスを提供している会社によっては、代行出荷サービスは無料で対応してくれることもあり、そうなると更に節約できます。お客まで届く時間を短くすることが可能で、そうなると迅速なサービス提供によりお客の信頼を勝ち取れ、企業の競争力を高められるでしょう。例えば、九州から東北にフライヤー印刷を送りそこから四国に送るとすると合計4日程度かかりますが、九州から四国だと1日で届きます。会社によっては、印刷会社名でお客様の所へ直接フライヤー印刷を発送するのは「なんだか嫌だな」と思うこともあるでしょう。その場合、伝票の差出人名を自分の会社にしてくれる会社もあるので、そういったことをしてくれる会社を利用すれば大丈夫です。サービス申し込みも簡単で、たとえばネットで申し込み際の注文画面で「代行出荷サービスを利用する」と言う所にチェックを入れるだけです。お客の所に届いた印刷物の仕上がりを確認したい場合、見本品を自社に届けて貰うことをお願いできる場合があります。